貴女のありとあらゆる疑問。解決します。

貴方の気になるを紹介するブログ!かぁくんnet

貴方のありとあらゆる気になるをノンジャンルで紹介!

日本の郵便・郵送の制度について 困ったときの3つの対策

 おはかぁくん!

 

今日は、日本の郵便・郵送の制度について

疑問に思ったから記事にしてみるよ!! 

 

予定がある日に

指定時間過ぎに持ってきて

不在届が置かれていたという経験ありませんか?

そして予定から帰ってきた時間帯だと

当日再配達が出来ないから、直接取りに行かなければ

ならない。というコンボ。

腹が立ちますよね。

今回はそういう話を書いて行きたいと思います。

 

 

何のための時間指定便なのか?

 

郵便会社によっては、有料のオプションで

「時間指定便」という物があります。

これはいくらかのお金を払うことによって

自分の好きな時間帯に

荷物を届けて貰えるというシステムです。

 

これを何故、有料などのオプションにする必要があるのか?

人件費などの問題はあるのかもしれません。

だがしかし、家にいるかどうかわからないのに

一度とりあえず運んでみて、いなければ後日また配送する・・・

 

「え?効率悪くね?」

と思うのは僕だけでしょうか?

 

最初から発送申請の時に時間帯や日時をしっかりと

入力してもらい、「アポイント」を取るだけで

再発送をする手間が省けるはずです。

もしも最初に指定した場合に

「不在」だった場合は再発送(もちろん時間帯指定)を

有料にする。という制度にした方が絶対に効率がよくなると

僕は思います。

今週中の自分が都合のいい日の都合のいい時間に

持っていきます。なんて訪問販売並みの雑さですね。 

 

そしてよくあるのが

「ピンポンダッシュ

僕は1LDKのとても広いとは言えないアパートに住んでいます。

ピンポンと鳴ってから

NHK対策の為に音を立てずにドア窓を覗き

相手を確認してから出るようにしています。

(女性の方などは特に気を付けましょう。)

それ以前にドアにつく頃には既にいない

某〇〇運送さんが頻繁にいます。

不在票だけ入れられてるやつですねw

もちろん速攻担当の電話番号に電話するのですが

「すみません、何時頃にもう一度伺います。」

と言われます。

この何時頃とは、僕の場合はだいたい1時間後が多いです。

腹が立って

「いやお前5分でそんな遠くまで行ったんか?」

って言えば

「すみません、30分以内に持っていきます。」

って言われたことも・・・・

 

そもそも時間指定便でお願いして

ずっと待っていたのに

一時間後とか苦痛すぎますね。

 

寝てて気づかなくてーとかなら

分かりますが、ピンポンダッシュ

どうしようもありません。

人手不足なのもわかりますが、

いい加減な仕事をすることで

余計に仕事を増やしているのは

間違いありませんね。

 

 

そして再配達の受付時間が切れてるけど

どうしても今日中に欲しいものを

営業所まで直接受け取りに行く場合。

 

22時以降から受付していて、

取りに行くと

かなり待たされます。

そもそも22以降ってバスとか

走ってない地域の方が多いのでは?

 

ちなみに僕のアパートから

最寄りの日本郵便までは車で10分程

かかります。

歩いて行くのには少し遠い距離ですね。

歩いて往復1時間として待ち時間30分・・・

これだけで既に1時間半も無駄な時間が・・・

 

 

これは何故か?

管理が出来ていないからです。

 

「不在届を出しているのにどこにあるのか

探さなければわからない。」

必ず言われます。

不思議ですね。

 

そこにあるパソコンはおもちゃですか?

という程の管理のずさんさ。

 

酷いときは30~1時間程待たされることも・・・

 

利用者側はどうしようもないので、

運送会社などを選ぶ際はしっかりと

評判や口コミなどを

調べてから、運送会社をしっかりと指定しましょう。

 

 

今回の書きたかったことと少し

趣旨が変わりますが、

不在が多いときに使えるサービス

をいくつか紹介します。

 

宅配ボックス を設置する。

 宅配ボックスを設置しておくことで

簡単に荷物を受け取ることが出来ます。

オシャレな物もあるので、エクステリアにもちょうどいいですね。

荷物を入れたら南京錠を閉めることで

防犯性も抜群です。

 

・コンビニ受け取りにする。

一部の通販サイトなどでは、コンビニ受け取りに対応している

サイトもあります。

コンビニ受け取りなら家の近くのコンビニで簡単に

受け取ることが出来るので便利ですね。

 

・営業所・郵便局留にする。

最寄りの営業所や郵便局で受け取ることが出来るので

自分の都合で受け取れて便利です。

 

あまりに対応が悪い業者は避けるようにし、

上の方法を試してみるのもいいかもしれません。

 

以上!かぁくんでした!