貴女のありとあらゆる疑問。解決します。

貴方の気になるを紹介するブログ!かぁくんnet

貴方のありとあらゆる気になるをノンジャンルで紹介!

軽減税率の仕組み解説してみたよ

こんにちわ!

かぁくんです。

 


皆さん10月1日から導入される軽減税率って

知ってますか?

 


これ意外とややこしい制度ですよね。

f:id:TM-net:20190805205004p:image


こんなややこしい制度作るな!

って話なんですが、それはさておき

今回は軽減税率について紹介していきます。

 

 


Q.軽減税率とは?

 


A.一部の商品やサービスに対して消費税を

下げるという物です。

 


Q.なんの為に軽減税率があるの?

 


A.低所得者に対し、生活必需品まで増税するのはどうなのかということでこの軽減税率という制度が導入されました。

 

 

 

Q.消費税は何%?

 


A.増税後は酒などを除く一部飲食料品は8%

その他の物はほぼ10%になります。

 


Q.酒類も飲み物なのに8%にならないのは何故?

 


A.確かに酒類も飲み物です。

ですが、酒類に関しては毎日の生活に必要な物かどうか

という点で必要ないとされる為、軽減税率は適用されません。

僕もですが毎日仕事の後のお酒が楽しみなので

不満に思う方も多いと思います。

 

 


ちなみにノンアルコールに関しては、1度以下の物は

飲料に分類されるので軽減税率が適用され消費税8%

で購入できます。

アルコール入りのお菓子でウイスキーボンボンなど

がありますが、これらに関しては中に入っているお酒が

1度以下の為軽減税率が適用され消費税8%で購入できます。

 


本みりんはお酒の扱いになるので軽減税率が適用されず、

消費税10%になります。

 


Q.飲食店はどうなる?

 


A.もちろん軽減税率適用外なので消費税が10%になります。

ただし複雑なことに、お持ち帰りの場合は軽減税率が適用され8%

になります。

 


例))

もし仮にマク〇ナルドに行ったとします。

店内でハンバーガー100円(税抜き)を食べて、

帰りにポテト100円(税抜き)をお持ち帰りしたとします。

この場合は、ハンバーガー110円、ポテトは108円

という風に同じ100円でも変わってきます。

 


比較))ちなみにたかが2%やん!って思う方もいるかも

知れませんがこの2%を馬鹿にしては行けません。

 


極端に言えば100円の物でも10個買えば既に20円の差が

出てきます。もしも100個買った時200円です。

100円でこんだけの差が出るということは、

もっと高いものを買うともっと差が出てきます。

 

 


Q.コンビニはどうなる?

A.もちろん一部飲食料品のとある条件を除く全てが10%になります。

とある条件とは最近よく見かけるコンビニの

イートインスペースのことです。イートインスペースで

食べる場合は外食と見なされるため軽減税率適用外と

なります。

たとえば、コンビニでお昼ご飯を買いに行くとします。

ついでにイートインスペースで食べようと思い弁当を

買いました。この場合弁当は軽減税率が適用されず

消費税10%を払わばければなりません。

ただし、この弁当をイートインスペースで食べずに

家で食べる場合は軽減税率が適用され消費税8%になります。

複雑ですね。

 


Q.いちご狩りも食料品だけど軽減税率が適用されるの?

いちご狩りは確かに食料品に含まれますが、

園内で食べる=外食と見なされるため軽減税率が適用されません。

つまり消費税10%を支払わなければなりません。

ただし、いちご園で食べずにお持ち帰りだけの場合は8%となります。

 

 

 

Q.お寿司屋さんで余った寿司をタッパに詰めた場合は?

A.これは店内で1度出しているという理由で軽減税率対象外(10%)と

なります。

普通にお持ち帰りした場合は軽減税率(8%)が適用されます。

 


出来るだけ家で食べる方が節税になるという不思議な制度です。

外食は贅沢だそうです。

 


Q.日用品はどうなるの?

A.軽減税率対象外(8%)です。

これも絶対に軽減税率が適用されるべきものだと

思いますが何故か対象外です(;A;)

 


Q.軽減税率が適用されるのは飲食料品だけなの?

 


A.一部例外があります。

意外な事に新聞は軽減税率が適用されます。

ただし、コンビニなどで買う場合は軽減税率が

適用されません。

定期購読のみが対象となります。

新聞は頭の食料というよくわからない理屈で

軽減税率が適用されるようです。

まあ安くなるのでいいのですが、同様に雑誌なども安く

して欲しいですね。

 

 

 

まとめ

軽減税率は基本的には10%かかる消費税に対して

一部の飲食料品のみが8%になるという

システムです。

 


店に8%と10%の商品が並ぶことになるので

会計がややこしくなりますが、

多分その内慣れていくので最初は特に

気をつけましょう。